マンション管理会社でのメリットデメリット

細かい作業も安心してお任せ

自分自身が普通に暮らしている上で、マンションの管理人さんとは接点があるかもしれませんが、マンション管理会社と直接接点があるということは、なかなかないのではないでしょうが。ですが、昨今、不動産投資が人気となってきていて、この際に、マンション管理会社を利用する方も多くいます。
マンション管理会社を利用する際というのは、マンションを1棟購入した人が、部屋数が多ければ多いほど、マンションの管理は確実に難しくなります。例えば、廊下の電気の消灯、それに、プールがついている所であれば、温度の維持や塩素濃度の維持、それに清潔さを保たなければいけないので、自分自身で管理するとなると、正直、24時間、そのマンションにつきっきりとなることは間違いありませんし、自由がなくなります。そんな時におすすめなのが、マンション管理会社なのです。
気になる電気の消灯もやってくれたり、マンション全体の管理を行ってくれたりするので、マンションのオーナーであるあなたは、時間やプライベートも確保できるので、お金はかかっても、それ以上の価値があるのです。ですので、マンションなどを投資として扱う方は、マンション管理会社の存在や費用、役割を知っておきましょう。

良いマンション管理会社かの見極め方

日本にはマンション管理会社が2000社以上ありますが、そのほとんどが「独立系マンション管理会社」と「デベロッパー系マンション管理会社」に分類されています。ここでいう独立系のマンション管理会社とは、独自のサービスを行っていて企業の工夫をしているところで、デベロッパー系のマンション管理会社は大手のブランド企業という知名度での安心感と信頼性をもっているところになります。
独立系マンション管理会社はマンション管理における費用を安く抑え、会社自体の規模が小さいので柔軟な対応やサービスを行っているところが多いのがメリットにありますが、反対にスタッフの人数が少ないことによって人手不足が起きたときは対応が遅れてしまったり、管理サービスに対して不備が出るリスクも考えられるところがデメリットでもあります。
そしてデベロッパー系マンション管理会社は大きな規模の会社が多いので人手不足が起こることはなく、経営基礎がしっかりしている環境でスムーズな管理が行えることがメリットですが、修繕工事などが自由に行うことができず、また独立系より比較的費用が高いことが多いというデメリットもあります。それぞれのメリットデメリット部分をしっかり把握しておき、経営しているマンションが求めているものをしっかり考えて、良きパートナーになれるマンション管理会社を選ぶことが最も大切です。

Latest Information

頼れる専門家のバックアップ

安心の賃貸経営を叶えるプロのサポート マンションやアパートなど、老後の安定収入を目的として賃貸経営を行う人は少なくありません。とは言え全くの賃貸経営初心者がそのままマンション運営を行うのはハードルが高い行為…

More...

マンション管理会社でのメリットデメリット

細かい作業も安心してお任せ 自分自身が普通に暮らしている上で、マンションの管理人さんとは接点があるかもしれませんが、マンション管理会社と直接接点があるということは、なかなかないのではないでしょうが。ですが、…

More...

使いやすいマンション管理会社

サポートもしっかりしている マンション管理には、資格などを取得するケースもあります。サービス品質を一定にするために、マンション管理会社でも資格取得を積極的に行っているところがあります。このような会社では、ス…

More...